読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【育休パパの過ごし方】

結婚2年目にして待望の第一子誕生!妻の仕事復帰と育児のサポートのために【9ヶ月の育児休業】を取得した育休中のパパです!そんな男が日々の気付いたことなんかを更新していきます!

赤ちゃんに靴下履かせるべき?

こんにちはー

 

猫舌なのに熱いものが好きでヤケドしがちな育休中のパパです。

 

熱いから気をつけろ!

って感覚器官が教えてくれているのに無視してます。

 

 

 

体の反応に対して素直になりたいものです。笑

 

そんな体についてですが

赤ちゃんだって立派な人間です。

 

 

各器官に大人と同じような役割があります。

 

今日は足について!

 

 

よく小さな赤ちゃんに靴下を履かせて外出している方を見かけます。

 

屋内で靴下を履かせている家庭もあると思います。

 

冬でとても寒い時は勿論履いていいと思いますが

 

夏の暑い日などにも靴下装備の赤ちゃんが多いです。

 

 

 

赤ちゃんの足は冷やしてはいけない!

 

こんなこと言われたことありますか?

 

 

多分ありますよね。

 

僕は娘を抱っこしてお散歩していると

いつも同じ場所にいるおじいちゃんに毎回のように言われます。

 

 

妻もそのおじいちゃんに言われるそうです。笑

 

 

 

おじいちゃんも意地悪で言っているわけではなく

冷やさないほうがいい。

ただそういった気づかいで言ってくれているのはとてもわかります。

 

娘を見るたびに可愛い可愛い言ってくれていますし。

 

ではなぜ靴下を履かせなさいと言われるのでしょうか?

 

昔の育児方法では履かせていたからでしょう。

 

 

いまはどうでしょう?

 

 

冬の外出時以外は靴下を履かせる必要はない。

このように指導する病院もあるくらい靴下は履かせる必要がありません。

 

 

こういった指導にはしっかりした理由があります。

 

まず赤ちゃんの毛細血管は大人に比べて少なく

足が冷たいのは自然なことです。

 

 

そして赤ちゃんは足で体温を調節しており

車やバイクでいうところのラジエーターの役割を担っています。

 

 

なのでその足に靴下を履かせると

体温調節がうまくてまきずに

身体に熱がこもってしまいます。

 

 

赤ちゃんの体温は首の裏側で確かめるのがベストです。

 

足が冷たくても首はポカポカなんて当たり前。笑

 

抱っこしていれば感じると思いますが

 

赤ちゃんは熱い。

 

 

思ってるより熱い。

 

 

体温調節を妨げる靴下や服を自分で取り払うことのできない赤ちゃん。

顔を真っ赤にしてぐずることがあるそうです。

 

ママやパパが気付いて対処してあげましょう!

 

 

大きくなってきたなー

なんて思ってもやっぱり赤ちゃんです。

 

思ってるよりも赤ちゃんです。笑

 

 

 

親がいないとダメな赤ちゃん愛おしいですね。

 

 

赤ちゃんから学んだり

赤ちゃんのおかげで自分も成長できたり

 

いいことだらけ!

 

たまに辛い疲れたなんて時もあるけど。笑

 

 

 

笑ってくれるだけで頑張れちゃいます!