読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【育休パパの過ごし方】

結婚2年目にして待望の第一子誕生!妻の仕事復帰と育児のサポートのために【9ヶ月の育児休業】を取得した育休中のパパです!そんな男が日々の気付いたことなんかを更新していきます!

子育て主婦の味方です。


こんにちは



妻が仕事なので娘といつも通りお留守番している育休中のパパです。



育児ってのは楽しい!

けどすごく疲れる。

家のことをやろうにも子供がいるとなかなか進まない。

家事自体はそんなにやること多くないんですけど
本当になにもできない日がある。


世の赤ちゃんを育てるママたちはすごい。

旦那さんに理解がないと
とんでもないハイストレス状態だと思います。


ちなみに僕の家では
妻がフルタイムではないことや
互いに育児の辛さをわかっていることのおかげで

ストレスは少ないです。

ストレスがないわけではないんです。



だけどこの少ないストレスを
パートナーに理解してもらえることで
とてもスッキリします。

自分の感じたことを相手が全く理解してくれないってことも
ストレスですよね。


だからこそ
男性は育児の大変さを知る必要があるんです。

しかし逆に
女性は働くことの大変さを知ることが大切だというわけではないと思います。


働いていた女性も多いと思いますから
働くってのは疲れるしストレスがたまるものだとわかっているでしょう。


ここで女性にわかってほしいのは

疲れて帰宅したときに
パートナーになにを思うかを知る必要があると思います。

夜ごはんがなかったら?
部屋が片付いていなかったら?

文句言いたいですよね。
こっちは働いているんだと。



疲れているからソファーで休ませて。
と思いませんか?

僕はとりあえず休憩とかいってソファーで寝てしまっていて
毎日文句言われていました。笑


ただ最近では
妻が当時の僕の心理状態を理解してくれました。

当時を思い返して申し訳ない気持ちになっているそうです。


育休取って良かったーー!笑


うちでは
僕が育児におわれる主婦の味方で
妻が働くパパの味方です。笑



なんかどっかで聞いたことあるような言葉ですが

同じものでも見る角度を変えるだけで
違ったもののように見えるんですね。




いい人間関係ってのは
互いをリスペクトしあわなきゃいけないんだと改めて思います。



相手の意見をまずは素直に聞き入れることができる
懐の深い男になれそうです!笑